無愛想だけど、アドバイスは確か。

とても愛想の良い若い先生がいる産婦人科に通っていましたが、引越しとともに新しい産婦人科に通うことに。歩いていける範囲の産婦人科を選んで行ってみたものの、今までの先生と比べるとかなり無愛想な先生で「ここに通うのはやめようかな」と思いました。しかし、診察の最後に、気持ちが楽になる一言をスッと言ってくれたことで、とりあえず通ってみるかという気にさせられました。その後もこの先生にお世話になっていますが、無愛想なだけでアドバイスや疑問に関する回答は端的で的確。通い続けるうちにちょっとひょうきんな一面も見られ、そのギャップが楽しく、無愛想な面も好意的に感じられるようになりました。ニコニコ愛想が良い先生は、こちらの不安を和らげてくれるようでホッとします。けれど、実際病気の治療となれば、こちらが納得できる方法を選び意見を述べてくれる先生であれば愛想など関係ありません。以前の病院で有耶無耶にしていたこともこの先生がすっきり解決してくれたので、今はここしか無いと思って通えています。婦人科にかかるというのは、とても抵抗感があるのですが、40歳代の半ばに、腰痛が激しくて、どうにもこうにもいろんな科を受診してもよくならなかったため、もしかして更年期の不定愁訴?と思って婦人科にかかってみました。女性の先生だったのですが、私の話を親身に聞いてくださり、年齢的に少し早いとは思うけれど、といいつつ、ホルモン量を測定してくださいました。結果、やはりホルモン量が少なかったらしく、ホルモン補充療法を始めてくださいました。そうしたところ、それまで苦しんできた腰痛が2ヶ月くらいするとすっかりよくなったのです。ホルモンが不足していたための腰痛だったようです。精神的にも、原因がはっきりしたことにより、随分楽になり、また、そのほかの更年期に関連する症状も改善し、すっかり体調がよくなってきました。いつまでホルモン療法を続けるべきなのか、よくわかりませんが、このクリニックの先生にかかっていれば、安心できる、そう信じています。

オーディオクリニック集客ノウハウ住宅リフォーム総合情報サプリメントショッピングカートお家の見直ししま専科